豊後通運株式会社

安全認定

安全について

【1】運輸安全マネジメント

●事故防止のための安全方針

当社は、経営者が先頭に立ち、社内の意思疎通を積極的に図ることにより従業員の意見を反映した輸送 の安全を徹底します。

  • 一.関係法令等の遵守
    二.何よりも「安全」が最優先である
    三.快適・ゆとりある職場作り
    四.強い意志とリーダーシップをもった人材の育成
    五.安全に係る運行・設備・整備面には全力を挙げ取り組む

●平成26年反省・改善事項

平成26年は、有責事故は「ゼロ」、車両故障0件、軽微な接触(単独)が、4件発生。
これは、一歩間違えば重大事故に起因するものである。
これらの事項を真摯に受け止め、今後の教訓に生かさなければ、当社の発展はありません!
(改善事項)
原因として、乗務員と運行管理者・管理職が接する機会が少ないのではないかと考えます。
よって、27年度は乗務員と運行管理者・管理職の接点の場を増やし、我が社の家族として何でも相談できる組織作りを目指します。

●事故防止のための安全目標

平成27年度目標
「0からの取り組み」 有責事故ゼロへ向けて!
(効果)
荷主への信頼度UP
任意保険料の割引率UP

●目標達成するための計画

  • 一.月1回は乗務員への安全会議を開催
  • 二.走行速度管理を徹底するチェック週間を設けます(管理者が任意に10日分のチャートを抽出)
  • 三.乗務員との個別面談の実施(三ヶ月に一度) ※悩み事のある場合は気軽に相談してください。
  • 四. 年に一度の安全大会において年次の総括および次年度の目標設定

○自動車事故報告規則第2条(重大事故)の規定による事故件数
平成26年度 目標件数0件、車両故障0件、軽微な接触(単独) 4件
平成27年度 目標件数0件、車両故障0件、軽微な接触(単独) 2件
我社の自動車事故報告規則第2条に規定する事故 0件

【安全統括管理者: 荒巻博文】

【2】安全大会

●事故防止のための安全方針

当社では、年一回、運輸安全マネジメントにもとづいた全社員参加の「安全大会」を開催しております。自動車事故対策機構のご指導による『事故防止』についてのグループ研修を実施し事故の原因、それに対する対策立案、継続方法をグループごとに積極的な討議をおこない、まとめおよび今後の運転目標を各グループごとに発表しました。
また、県警交通課より講師をお招きし、安全講話より交通事故防止の基本を周知させるとともに安全運転の意識の強化をはかっています。
さらに、当社大分事業部産業医の大分大学医学部教授兼板佳孝氏による労働安全と健康についての講話をしていただきました。


○実施日時/平成27年6月28日(日) 午前8時30分 〜 午後3時30分まで
○場  所/杵築市 びんごや

【3】NASVAネットの活用

当社では、自動車事故対策機構のナスバネット (インターネット適正診断システム)を平成22年7月に導入した。ドライバーへの安全運転への指導及び ドライバー各自の運転に関する特性を測定し、測定した結果に基づき、安全運転に役立つアドバイス(助言・指導)を行う体制を確立した。

【4】アルコールチェッカー

平成23年2月より各営業所にアルコール測定器(ALC-PROII)を導入することによりネットワークを利用した測定記録を自社で共有することが可能となり、USBカメラで被測定者の写真付き測定記録を一年分保存可能となった。



お問い合わせ